トマトのへっぽこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS せぶんでいずシンドローム

<<   作成日時 : 2008/03/02 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2/29、大阪・緑橋のSEVENDAYS OSAKAでのLeap Aheadのライヴレポです。


L.Aのライヴレポの第一人者、サラリーマンさんみたいに、うまく伝える事ができるでしょうか??


2/29・3/1と連休をとったトマは、28日の夜行バスで大阪入り。

29日の朝に大阪へ着いて、墓参などのあと、Leap Aheadのライヴ仲間のMax Kazuちゃんと落ち合い、ランチ。
この時点で、既に二人ともL.AのTシャツを着用(笑)

その後、午後の仕事のMaxちゃんと一度別れたあと、終業後に合流して緑橋へ。

中央線緑橋駅から徒歩5分かからない場所にセブンデイズ有り。

入店すると、早速右手のカウンターの物販コーナーにL.AのCD・グッズが並んでいます。

そして、店内へ。
バーカウンター最奥に陣取る。
店内は2階がステージ・客席のライヴスペースに、そして1階がバースペースに。

まずは、カウンターでmaxちゃんと一緒にドリンクとフードを味わっていると、L.Aの5人が2階に上がるのを発見。

早速二人でご挨拶。
「ええTシャツ着てますね」と言われた(笑)

そして、その後セッションバンドさんの演奏を観るべく、ライヴスペースに行くと、L.Aのメンバーがフロアに。

いつも、ステージに居るL.Aメンバーがフロアに居るのがすっごい不思議でした。

その後、再びバースペースに戻り少しすると、FUJIEさんご一行登場。
その後、ややあってから、サラリーマンさんもスーツ姿で馳せ参じ。

これで、基本メンバー全員集合でしょうか?
とりあえず、今回はトマも居ますが(笑)
毎回参戦できないのがトマの泣き所です。

L.Aはトリ。
前トリの登場の段階で、全員でライヴスペースへ。
早速最前を固めます。

そして、いよいよL.Aのスタンバイが始まりました。
このイベントは、MCとしてセブンデイズのよっくんがチェンジタイムにMCをしています。

この間に、トマはL.Aタオルでもってタオラーに(笑)
そして、待望のL.Aのステージスタート。
ほぼ定刻通りのスタートです。


一曲目は、定番の「Ups and Downs」
トリという事もあり、L.Aファンはもちろん、客席全体テンション↑↑
もちろん、最初のayaの「さぁ、手を挙げて…」の一声で、拳を振り上げるL.Aファン。
画像


そして、会場全体で早速手拍子も起こって盛り上がりOK。

その勢いで、二曲目に「ポジティブフェスティバル」

この曲で盛り上がらない訳がありません。
最前で飛び跳ねるトマ(笑)
後ろの皆様申し訳ありません。

会場のテンションも気温もますます上昇。
L.Aファンみんなで一緒に歌う。もう、テンションは天井知らずの客席最前列。

最高の勢いでポジティブフェスティバルを歌い終えたステージはMCへ。
画像

CHAIが今日仕入れたネタと言い、2/29日の閏日は英語でLeap Day、そして、閏年はLeap yearだというハナシ。
それを聞いた客席は拍手喝采。

その特別な四年に一度のLeap dayにライヴ。う〜〜ん。こりゃすごい。

と、今日の出演者は「濃い」という話題に。
確かにメチャ濃い。てか濃かった(笑)
そして、なぜか・・・
こんなに濃いなら服を脱がないとあかんという話題へ。
そこで、リーダーが一声。「ほなら、私脱ぐわ」

と言ったと思ったら「別料金取るで」と(笑)

そんなMCの後は、しっとりと、リーダーの色気を感じるこの曲
「誓い」

会場は今までの盛り上がりから一転、リーダーの曲に酔いしれます。

この曲の演奏中にトマはなんだか感涙が出そうになったのは秘密ですぞ。

そして、MCへ。

CHAIはCDの話題へ。
と噛み噛み。たまにはそういう事もあるさ。

そして、次の曲のハナシへ。
あまりライヴで歌ってないのに、人気曲になっているという「Mother」。

これを聞いた瞬間、トマ&Maxは目が合って、二人で大喜び。

そして、「Mother」

画像


ワンマンの時以来、二度目の生歌だったけど、やっぱすごい。
てか、Mayumiの歌唱力は鳥肌モンです。
その歌唱力に、あの楽曲。
もう、ホント、すっごいいろんな想いが伝わってきて、いろんな事を考えます・・・
トマももっと親孝行しないとなぁ・・・


その後のMC・・・

CHAIが次回ライヴの告知をしてる最中にHAT絶好調。
ライヴスペースからバースペースに下りようとしてる人にいきなりマイクを通して「ありがとうございました〜〜〜。お気をつけてお帰り下さい」
そして、下から上がってきた人には「いらっしゃいませ〜〜〜」
早速CHAIからツッコミが。


そして、そのMCで、「残すところあと二曲になりました」との言葉に会場から「え〜〜〜」の声。

そして、色々大人の事情がと言うHATにFUJIEさんが「いけるいける」と客席から声をかける。
CHAIもチラッと時計を見て、「ちょっといけるかと思ったけど、時間的にあかんわ」と・・・

たしかに、もう22時近い・・・


と、ラスト二曲。

トマだけではなく、みんな思ってた事・・・最後に「PEACE」が来るから、その前に何をやるんだろう?

みんなが、次の曲が何か期待してる、その中でステージに流れてきた音源・・・

「PEACE」のイントロです。

え・・・!?!?

顔を見合わせるL.Aファンたち。

そして、イントロ中にメンバー紹介があって、手拍子とともに「PEACE」スタート。
いつも通り、拳を突き上げてピースサインで盛り上がり。
L.Aファンは当然として、客席全体で腕を振り上げてピースサイン。

そりゃこの曲で盛り上がらないはずがありません。
いつも、ラストで大爆発する曲だもん。


これをラス2に持ってくるって事は!?!?




最後の「叫べPEACE」のAyaの掛け声の直後に流れてきたイントロは・・・
なんとなんと、「笑え」

びっくりしたけど、たしかにこの曲をラストに持ってくるってのもすごいステキかも。
しかも、「PEACE」直後のテンションなら最高の笑顔が待ってます。

もちろん、客席全体で腕を振ったのは当然です。
その時のみんな、文字通り最高の「笑顔」でした。

そして、最後笑顔でラストを迎え、最後にHATがトリのまとめを。
みんなで拍手。


そして、これにて今日のライヴ終了。

L.Aがステージを下りて、観客も撤収体制へ。

トマとかMaxちゃん、FUJIEさんとかで、時計を見て、こりゃ時間的にアウトやな。とハナシをしていたら、今日のMCのよっくんがトマにボソっと「うち(セブンデイズ)的にはOKなんやけどな」と。

そしたらトマはやっちゃいますよ。
アンコールのお許しが出たって事です。

早速「やろう」と言って、周囲に有無を聞かず、早速手拍子。
そしたら、みんなの手拍子に変わるのに、時間は5秒と必要ありませんでした。

その手拍子に、ビックリしながらステージへ戻ってきたL.A。

そりゃ、当然予想外もいいところのアンコールなので、何も用意して無いのは当然です。

CHAIがマイクを握り、「アンコールなんて想定してなかったので、いっぱいいっぱいで、曲用意して無かったので・・・ありがとうございまぁ〜〜す

と挨拶を。

フロアで拍手が起こったところで客席から、FUJIEさんが「アカペラ」と一声。

さすがFUJIEさん。

この一声で、L.Aもあと一曲やってくれそうです。

しかし、何も用意していないL.A。

客席最前右側に陣取っていた、対バンだった「LUX」のメンバーから「泣きたい」との声。
そして、盛り上がりを期待するハコの雰囲気・・・

そして、L.Aの緊急作戦会議がドタバタと・・・
とりあえず、カバー曲にしようという事に。

そして、さらに作戦会議。

「みんなで一緒に歌える曲」とCHAIが。

そして、さらにメンバーの作戦会議。

と、アカペラ用意をしていなかったので、リーダーの笛も無い・・・
音程合わせも大変な中、やってくれたのは
「日曜日よりの使者」

ワンマンでも盛り上がった曲。
そして、L.Aファンだけでなく、みんなで歌って盛り上がれる最高の曲です。

この一瞬でこの選択をしたCHAIさすが!!

イントロから入って、かなりテンション上がってる中なので、走り気味の状態でボイパも入り客席は手拍子で。

画像


画像


みんなで大合唱して、最高の盛り上がり。
アンコール無しで、笑顔で終るもの良かったけど、やっぱこの曲で、ステージと客席が一緒になって、全体で最高の状態で終るって最高じゃないですか。
こんな事ができちゃうLeap Aheadさすがです。

毎回、Leap Aheadのライヴを観る度に、今回が最高だったって思えるのは、毎回それだけ進化してるからなんですよね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
せぶんでいずシンドローム トマトのへっぽこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる